スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

クリスマスの写真

遅ればせながらクリスマスの写真。今年は、初めて本物の木を使ってみた。ちょっと斜めになってるけど。。。
2004年クリスマスツリー

これは息子が作ったジンジャーブレッドハウス。お菓子の家ですね。
ジンジャーブレッドハウス

at 08:54, Peerless, 家・レノベーション

comments(2), trackbacks(0), - -

さよならスイート

1日どこにも出かけなかった。
前の晩からマイクのご両親の所に泊まっていた息子は、10時半ごろ帰宅。
その後息子の友達のJが来たので子供たちはずっと外で遊んでいた。
仕事したり、掃除したり、TV見たり、まったりした1日。

夕方になって、1月1日から下の部屋を新しく借りる人達が書類にサインしに来た。二人とも二十歳くらいの、可愛いカップル。同じ、若いカップルとは言え、前住んでたのとは全然見かけが違う。前住んでた人達はかなりヤン○ー(死後)入ってたから。
今回の二人、彼氏の方はカレッジで地理を勉強してるらしく、彼女のほうは仕事してる、非常にカタギ(死後)っぽい、おとなしい人達。

夜はお隣のショーンとキャシー、友達のマイクも弟を連れて遊びに来て、
階下のスイートで例によって宴会。
2ヶ月近く空になっているスイートは、家具はほとんど無いものの冷蔵庫は
Beer Fridgeになってるし、リビングにはプレステとプロジェクター設置されてるしで完全なパーティスペース。みんなでひとしきり「We're going to miss this place!」と、残り数日になった空きスイートを惜しむ。
そのうちマイクが「みんなでちょっとづつお金出して、お前らに家賃払うから、スイート残してくれ」とか言い出すし、裏庭にある納屋を改造して(!)「クラブハウス」を作るとか、まるで子供に戻ったように盛り上がった(笑)
ひとしきり笑ったあと、プレステにはまるBoysを残して、10時半就寝。

at 01:57, Peerless, 家・レノベーション

comments(0), trackbacks(0), - -

HOME DEPOT

6月に今の家に引っ越してきた時に、「家と一緒についてきた」地下のスイートに住んでいた人達が11月はじめにようやく出て行った。
この家の前のオーナーがこの人達の母親で、買ったときの条件が
「娘達を半年は置いてくれること」と言うものだったので、「賃借人探す必要ないじゃん」と簡単にOKしたんだけど、それが悪夢の始まりだった。
娘は21歳、同居しているボーイフレンドはうるさいバイク所有。できちゃった子供は2歳前で真夜中でも泣いてる。
でも家賃を払ってくれさえすればこちらとしては文句ないのだけど。
私たちが入居したあと、正式な賃貸契約書を作ってサインしてもらい、敷金(家賃の半分)を要求したのだけど、結局、最後まで払ってくれなかった。
おまけに、契約書に、置ける車は1台だけ、納屋の使用は認めないなんて
ちゃんと書いてあるのにサインして数ヶ月してから文句を言うし。
問題あるならサインする前に言ってくれよ。ちゃんと契約書読んでないの?

他にも色々あるんだけど、I won't bore you with details.

なので本当は遅くても12月1日までに出て行く事になっていたので、
11月初めに彼らが荷造りしてるのを見たときはびっくり。嬉しさのあまり
オフィスに居るオットに電話してしまったくらい。
もちろん、「この日に引っ越しますので」なんていう挨拶は全く無し。
本当は引越し日の1ヶ月前にはNoticeをくれないといけないんだけど、
常識の無い人達だとはわかっているのでもうそこまでプッシュする気力も無い。結局、引越しには4日もかかってるし。普通なら4日分の家賃請求するところですよ。

とにかく、出て行ってくれただけでありがたいので文句は言わない。
これからは新しいスタートってことで。

地下のスイートはベッドルームが二つあるんだけど、そのうちのひとつを
私たちがもらって、オフィスとして使うことは前々から決められてた。
仕事したりネットしたりするスペースなので、壁の色は落ち着いた青、とか
考えてたんだけど、ペンキ屋でオットの意外な「深い赤は?」の提案に、
あっさり乗ってしまった。赤い部屋、一度欲しかったんだよね。

大学時代にフランチャイズのペンキ屋をやっていたオットなので、全部
一人でやってくれた。我がオットながら感心。
濃い色なので2日かかったけど出来上がりには満足、満足。

こっちにある大型ホームセンターのチェーンでホームディーポという店が
あるんだけど、そのCMのキャッチフレーズが「You can do it, We can help」というもので、大抵のCMが、DIYプロジェクトを終えた満足げな人達
の様子で終わるんだけど、まさにそんな感じ。用事も無いのに地下の部屋に
行っては、赤い壁を眺めてにやける私達。怖いですね。

もちろんこれは一部屋だけで、賃借人が散々汚していったスイートも片付けないといけない。他の部屋の壁は、無難なベージュにしたけどね。
土曜日にオットの兄夫妻がテキサスからやって来るので、それまでには
片付けたいんだけど。間に合うのか。

地下のオフィス。窓の外に見えるのは納屋。

at 23:32, Peerless, 家・レノベーション

comments(5), trackbacks(0), - -