スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

帰りました/しばしのお別れ

2週間半の日本滞在から、先週戻りました。
久しぶりの日本は、やっぱりよかったです。
息子も、GWと重なったせいでたったの7日間だったけど、地元の小学校に入れてきました。言葉はほとんど通じなかったけど、友達は出来たみたいで、意義あるものになったと思います。

戻ってきて仕事が溜まっているというのもあるけど、最近はすっかり某SNSサイトのほうでばかり日記を書いています。誰が見ているか分かるというのが安心(もちろん知らない人でもメンバーであれば見れるので、100%ということは無いですが)なので。。
まだメンバーで無い人、興味のある人は一言メール下さい。

ここでの更新は、かなり減ってくると思います。
実際どのくらいの人がここを読んでくださっているか分かりませんが。。
もう夏ですね。みなさんも楽しい夏を過ごしてくださいね。

at 02:44, Peerless, カナダ生活

comments(0), trackbacks(0), - -

春はもうすぐ。

またサボり癖がでてしまいました。ご無沙汰しています。
ビクトリアも少しづつ日が長くなってきて、最近は6時近くまで明るい。
ビクトリアには桜や梅の木も沢山あるんだけど、そのほとんどがもう咲いている。家の周りに植えた水仙やクロッカスも少しづつ咲き始めました。

オリンピックの荒川選手の金メダル、良かったですね!
彼女がメダルを取った日は私は全然知らなくて、息子の学校にてカナダ人ママ友に言われて初めて知りました。
「She is SO Beautiful!」と言われて自分の事じゃないのに嬉しかったです(笑)

仕事も忙しく、来週はバンクーバーに日本のTVの撮影の為向かいます。
日本の次世代のエネルギー資源は?という特別番組で、カナダでのオリンピックまでに完成を目指している水素で動く車の取材がメインです。
詳しくは取材後。関西地区で3月に放送予定ですので、日時がはっきり分かったらお知らせしますね。


at 01:13, Peerless, カナダ生活

comments(1), trackbacks(0), - -

Happy New Year

もう10日近く過ぎてしまったけど、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末から新年にかけては、友達がMt.Washingtonにコンドを持っているので遊びに行ってきた。Mt.Washingtonはビクトリアから車で3時間程度のコートニー近くにあるスキー場で、今年も去年と同じく雪不足を心配されていたけど、12月30日に出発した私達、途中のハイウェイは全くどこを走っているか分からないほどの雨と霧で、この分じゃ山頂には雪は沢山降っているに違い無いと確信できた。
はっきり言って、かなり怖かった〜。真っ暗で、見えるものは自分の車のヘッドライトが照らせる部分だけ。

土砂降りのコートニーに到着してスーパーで食料品を買った時、コンドの持ち主の友達が「嫌な予感がする」と言い出す。うちのオットも、「麓でこれだけ土砂降りなんだから、山を登っていく途中はかなりの雪のハズ。今日はここでホテルを見つけたほうが良いかも」と言い出す始末。
とりあえず、山頂に向かう途中にはチェーンをつけたほうが良いのかどうかのサインが出ているはずなので、そのサインを見て決めようということになる。
幸い(?)チェーン規制は出ていなかったので慎重に山を登っていくと、やはり途中から雪に。それまで車をうるさいほど打っていた雨が雪に変わり、いきなり静かになる。
幸い除雪車の後ろを運転したので、特に問題無く山頂へ。
それにしても凄い雪。友人のコンドに到着したのは夜9時ごろだったので、その日はゆっくり休む。

翌日。
夜の間に更に沢山の雪が降り、息子は大喜び。

今回は都合で私達だけ元旦にビクトリアに戻らなければならなかったので、私とオットはスキーせずにのんびりすることに。息子は初心者のスノボクラスに参加して、喜んでた。


しばらくソリ遊びをしたあとコンドに戻り、オットと友達Mが美味しいディナーを作ってくれた。ワインとシャンペンでカウントダウンを待ち、新年の瞬間には山のあちこちで上げられている花火を見た。

静かだったけどとってもリラックスできた大晦日&新年。
スキー場にコンド持つって良いなとちょっと購入を考えてみた年末でした。



at 01:19, Peerless, カナダ生活

comments(1), trackbacks(0), - -

クリスマス2005

今年も無事にクリスマスが終わった。
今年は、91歳になるオットのおばあちゃんの居るリッチモンド(バンクーバーの郊外)に行くことになっていた。高齢の為今年から老人ホームに入ったおばあちゃんだけど、そこでプライベートダイニングルームを貸しきって、家族親戚集まろうということになったのだ。
寝る前に、息子はストッキング(靴下)を暖炉に下げて、サンタの為にクッキーとミルクを置いておいた。


話はそれるけど、今年のクリスマス、実は私はサンタクロースへの手紙の返事を書くボランティアをした。アメリカでもやってるかも知れないけど、
カナダポストは毎年、子供達にサンタへの手紙を書くことを勧めていて(切手は要らないので無料)毎年ボランティアが返事を書いている。といっても返事は印刷済みのものなんだけど、数種類のパターンがあるし、住所を書いたり子供達に個人的なメッセージを書いたりするのはボランティアの役目。
友達で郵便局に勤める人が居るので、ボランティアしたい旨伝えたら2つの手紙の束を持ってきてくれた。
大抵の子供達は欲しいおもちゃをリストしてあるだけなんだけど、中には心優しい子供も居て、「貧しい子供達におもちゃを持っていってあげて」とか「世界に平和が訪れますように」等をサンタに頼んでいる子も居て思わず胸が一杯になってしまった。もちろん、そういう子達には私も出来るだけパーソナルな「サンタからの」メッセージを書いて送っておいた。正直、今までやった中で一番楽しいボランティアだった。来年もぜひやりたい。

話は戻ってクリスマスの朝。早起きした息子と早速クリスマスプレゼントを開ける。私は今年は沢山商品券を貰って嬉しかった。あとオットからはフードプロセッサーと、KILL BILLのDVD!これは本当に欲しかったので嬉しかった。

クリスマスの余韻に浸る間も無く荷造りしてリッチモンドへ。フェリーが混んでいて1時の便に乗り遅れそうになりながらも何とか到着。
おばあちゃんのホームのダイニングルームは想像よりずっと豪華でびっくり。美味しいローストターキーをあまり会う機会の無い家族親戚と楽しんだ。


みなさんのクリスマスはどうでしたか?

at 02:23, Peerless, カナダ生活

comments(3), trackbacks(0), - -

生きてます

また何日かサボってしまった。
ここのところ異常に忙しくて、すでに年末進行。

ソーシャルライフ、仕事、学校、ボランティアの用事がやたらと詰まってきてちょっとアップアップしている感じ。

今週末はお隣さんの早めの誕生日のお祝いにと、Il Terrazzo に行くことになっているのでそれを楽しみに働こうと思う。

12月は2週続けて、誕生日パーティ、そして我が家でのカクテルパーティを予定しているのでその準備もしないといけないし、クリスマスカードも書かないと行けないしカード用写真も撮ってもらうことになってるしでほんと、バタバタ。でも楽しんでやってるという部分はあるのでまだ救われてるかな。

毎週木曜日のヨガも楽しくやってます。友達が、まだスペースがあるのでどんどん紹介して!と言っているので、興味のある人は連絡下さい。

話は変わるけど、今年の夏に友達の紹介で通訳やったドキュメンタリー番組が、カナダで放送されることになりました。
12月7日に、Vision TVで放送されます。
タイトルは「The Fires That Burn」
うまくいけば日本でも放送されると思うので、そのときはまた連絡します。

とりあえず、生きてますってことで、近況報告でした。

at 02:10, Peerless, カナダ生活

comments(0), trackbacks(0), - -