スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

キャンベルリバー

金曜日からキャンベルリバーに行って来た。
オットの高校時代からの友人Jはキャンベルリバー(以下CRと略)でツリープランティングの会社をやっている3人の子供のお父さん。
去年も遊びに行き、子供達もとても仲良くなったので今年もまた行くことに。

金曜日の午後出発するもビクトリアを脱出しようとしている人達があふれていて、このあたりではめったに無い渋滞状態。ゴールドストリームの近くまで渋滞してた。

CRまでは車で約3時間半。
途中で某N村を通り過ぎ、Joeさんに連絡を入れておくべきだったと後悔。
ちょうどその頃お腹もすいてきてたので。

しばらく行くと今度はParksvilleを通る。ここにはTigh-Na-Maraというリゾートがあり去年結婚記念日にに泊まったところ。ちょうどguide289さんの日記でここの砂の城コンテストのことを読んだばかりだったけど、ちゃんと街の入り口には砂の城がありました。今度はゆっくり寄ってみたい。

さらにお腹がすきつつももう少し先のQualicum BeachにてやっとLeftysというレストランを見つけてはいる。QBと、Parksvilleに店をだしてるミニファミレスチェーンらしい。出来るだけできあいのものを使わずに新鮮な素材で作るとメニューに書いてあったので期待してたら、サワーアップルマーティニはりんごジュースの味しかしなかったし、私が頼んだタイ風ピーナツソースのStirFryは全然タイ風じゃ無かったし、よくわからんところだった。
サーバーはとても親切でフレンドリーだったけど、支払いを済ませるまで20分くらいかかったし。。。次機会があったらもう一度だけチャンスをあげようと思う。

CRに着いたのは7時半頃。Jは下水処理タンクを新しいものに交換するらしく、家の前にどかーんと大きなタンクが置いてあった。
オットとJの高校の友達、Rも来るという話は聞いていたけど、良く聞いてみるとRはウィスラーの近くで配管工をしており、彼はJのタンクを取り替えるために呼ばれたらしい。仕事やん!
Jのうちは去年に比べたらすこしは綺麗になっていたもののまだまだ改装途中。特にトイレがひどく、ほとんどキャンプと変わらない状態。
ベースメントには壁一面をプロジェクターを使ってゲームしたり映画を見たり出来るレクルームが出来ていたので子供達は喜んでたけど。

あいにく翌日は小雨で、特に何もしなかったけど逆にリラックスできてよかった。私は1日のほとんどをJとRがトイレのタンクを埋めるところを覗いてすごした(笑)。オットは「何がそんなに面白いの?」と聞いてきたけど、自分たちでトイレの汚水タンクを入れ替えるなんて日本じゃまず見れないからね。

まずはシャベルカー(知り合いから借りてきた!らしい)でタンクが入る大きさの穴を掘る。

こんなかんじ。

上手く治まったらパイプを繋いで出来上がり。
ほとんど丸一日かかりました。

夜はローストビーフにズッキーニ、コーンなどBBQしたものを。
それにしてもキャンベルリバーの人達は良く飲む。多分娯楽が他にあまり無いからかなあ。私もお酒は好きだけど、ゲームの罰ゲームでシューターとかは、もうトシなので勘弁して欲しい。

特に何もしなかったけど、楽しかったです。オット、運転お疲れっ!

at 03:18, Peerless, 旅・おでかけ

comments(1), trackbacks(0), - -

ロングウィークエンド

今年は5月23日がビクトリアデイ(イギリスの故ビクトリア女王の誕生日)だったので、3連休。今年はうちのお隣さんを通じて知り合ったBとJ夫妻に招待されて、ビクトリアから車で2時間半のところにあるカンバーランドにお邪魔してきた。カンバーランドは、バンクーバー島第2の都市ナナイモを過ぎて車で約1時間、CourtenayとComaxのすぐ近くにある小さなコミュニティで、人口は約3000人!元は炭鉱の街として知られていて、戦前はアジア人の炭鉱夫も多かったらしく、ジャパンタウンやチャイナタウンもあったのだそうだ。

もともと天気予報では週末は曇りがちで、土曜日が唯一晴れ、と予想されていたのに、カンバーランドでは既に雨。お隣さん一家はB&Jのゲストルームに泊まる事になっていたので私たちは裏庭にテントを張って簡易キャンプを楽しむ予定だったんだけど、残念ながら一晩中土砂降りで寝袋に水滴がつく位濡れてしまった。幸い息子は家の中で寝かせてもらったので濡れずに済んだけど。

BとJはクルーズラインで写真家として仕事をしていたので家中に素敵な写真が沢山飾ってあった。Jは大の犬好きでボーダーコリーを2匹飼っている。どちらも女の子だけどとってもおりこうさんで可愛い。Jはペットのポートレートを撮る仕事もしているので、興味のある方はぜひ。

さてこの週末の一番の目玉は、ビクトリアデイのパレード。ビクトリアでもパレードは毎年やっているけど、カンバーランドのパレードはすごく楽しいよ、と聞いていたので楽しみにしていた。由来は知らないけど、参加したい人はGumboot Fairy(ゴム長靴を履いた妖精)になるように、と連絡があった。私はそれらしいコスチュームも持っていなかったので参加するつもりは無かったんだけど、当日になってJの勧めで飛び入り参加することに。
といってもゴム長靴はなかったのでサンダルに、Jに借りた黒いスカートと黒のトップに、紫色のビーズのネックレスをじゃらじゃらをつけて、妖精の魔法の杖を持って出来上がり。
カンバーランドに行く前から、お隣さんに、「カンバーランドはヒッピーが多いよ(笑)」と言われていたのだけど、いるわいるわ。Jの友達は元教会という建物で現在はアートギャラリー兼芝居小屋として使われている場所に集合したんだけど、鹿のようなカブリモノをつけた男の人やら中世のお姫様やら、さすがアート好きだけあってみんなとてもクリエイティブ。


パレードの始まるのを待っているところ。

羽をつけた子供達は本物の妖精みたい。

残念ながらこの日も曇りでパレード中は寒かったけど、雨が降らなかっただけ良しとしよう。ちょうどパレードの終わったあたりで雨が降り出して幸い濡れることは無かったけど、いろんな興味深い人たちと知り合いになれてとても楽しかった!
写真はパレード中私のマスコットになってくれたベイビーと、後ろはお神輿(?)に担がれたMay Queen。


3日間の間自宅を提供してくれて素敵な人たちと犬たちに紹介してくれたBとJに感謝!とても楽しいビクトリアデイロングウィークエンドとなった。

at 12:51, Peerless, 旅・おでかけ

comments(5), trackbacks(1), - -

サイエンスワールド

最近忙しくてずっと更新できなかった。忙しかったといっても仕事で、プライベートは相変わらずガーデニングばかりだけど。

この週末は久しぶりにバンクーバーに行ってきた。うちのオットは人ごみが嫌いであまり出かけるのも好きじゃないんだけど、バンクーバーに
あるサイエンス・ワールドにてLEGOの特別展を春休みからやっていて、それが来週で終わってしまうので、ぜひその前に行きたかったのだ。

サイエンスワールドは子供のための科学館で、遊びながら科学を学べるとても楽しいところ。巨大スクリーンのあるオムニマックスシアターも併設されている。

バンクーバーまではビクトリアからフェリーを使って2時間半近くかかるので
それさえなければ年間パスを買いたいくらい息子とオットも(!)大好きな場所である。

期間限定のLEGO展は、LEGO ODDYSEYと呼ばれてて、LEGOで作った潜水艦やジェットコースターなどがあり、またLEGOの歴史についても学べるようになっていた。LEGOでできたジェットコースター
ジェットコースターはちゃんと動いてて、小さな人たちを乗せたカートがどんどん斜面を登っていき最後には急降下するところを見ることが出来た。もちろん子供達は大喝采。

これはLEGOで出来た音楽をテーマにした街。


あちこちにLEGOのテーブルがあり、子供達は自由に好きなものを作って飾ってくることが出来たので、スタッフの人の提案で、息子は海ガメを作って置いてきた。

その後は常設のEureka!Galleryというハイテク科学ルームにてひとしきり遊んだ。
触ると音楽を奏でるレーザー光線のようなものや、鏡、重力、音、風力などとにかく色んなもので実験を楽しみながら出来るようになっている。
ここでの一番に人気は巨大な水遊び上で、滝のように流れていく水にボールを浮かべて流したり、ダムを作って水の流れの速さの違い等を見たり、ポンプを使ってボールを滝の上に飛ばしたりなど出来る。
巨大滝

ひとしきり遊んだあとはランチを食べて、リッチモンドに住んでいるオットのおばあちゃんに顔見せに行ったあと帰路に着く。

良くあることなんだけど5時のフェリーが既に満員で、7時のフェリーには何とか乗れたものの30分遅れで、ビクトリアに着いたのが10時過ぎ。
疲れきって帰宅したけど楽しかったのでまあいいか。

at 08:31, Peerless, 旅・おでかけ

comments(0), trackbacks(0), - -